• 検索ガイド>>

    • 合同出版について
    • 地図・連絡先
    • プロダクション・ライターの方へ
    • 合同出版からのお知らせ
    • イベント情報
    • LINK
    • 常備店・特約店
    • 企画募集・人材募集
    • 自費出版のご案内
    トップページ >書籍/教材キット >書籍
    池子の森のエコフィロソフィ

    池子の森のエコフィロソフィ



    商品コード: 978-4-7726-1118-3

    小林仁・川瀬博・石川孝之
    サイズ:148mm×210mm
    発行日:2013.3.25
    ISBN978-4-7726-1118-3
    ページ数:152ページ
    Cコード:C0036

    【以下のショップでもご購入できます。】
    amazon  e-hon  HonyaClub  セブンネットショッピング  楽天ブックス  JUNKUDOネットストア  紀伊国屋書店BOOKWEB  TSUTAYAオンライン  ビーケーワン  ブックサービス

    販売価格(税抜) 1,500 円

    個  数 :

    カゴに入れる

    本書紹介

    池子の森を守るために、富野暉一郎市長のブレーンとして、生態系調査を主導し、政策理論を構築した著者たちが、当時の逗子市の画期的な環境政策を紹介しつつ、子どもたちと森の未来へ向けてエコフィロソフィ〈自然と人間の関係〉を問う。

    編者・著者

    小林 仁(こばやし・ひとし)
    ズシップ連合会常務理事。
    1972年から2005年まで逗子市役所に勤務、この間、平和都市推進室長として「池子米軍家族住宅建設計画」を担当する。

    川瀬 博(かわせ・ひろし)
    神奈川大学法学部特任教授。博士(学術)。
    専門は環境政策、環境学。都市における自然保護・生態系保全について研究。

    石川孝之(いしかわ・たかゆき)
    神奈川大学グローカル環境政策研究所客員教授。技術士(建設環境)。
    長年にわたり自治体で公害環境行政に従事。2003年から2011年まで横浜国立大学非常勤
    講師、2010年から神奈川大学法学研究所客員研究員。

    目次

    Ⅰ部 エコロジー自治運動
      1 池子の森とは?
      2 戦争に翻弄された池子の森
      3 なぜ、池子の森は保たれてきたか
      4 返還運動とアメリカ海軍住宅建設計画
      5 市民運動 自治と国政
      6 自治運動の高揚と限界
      7 池子の森が提起した問題
    Ⅱ部 エコロジー政策
      8 池子の森の価値をどう評価するか
      9 池子の森の生物的自然としての価値
      10 池子の森の身近な自然としての価値
      11 池子の森の鳥類生態調査のユニークさ
      12 『池子の森生態園基本構想』(1991年)について
      13 池子の森を守る戦いの到達点とその限界
      14 新たな自然保護戦略に向けて
      15 生物多様性保全を文化形成の中で育む
    Ⅲ部 【関連資料】池子の森の地域生態系
      16 地域生態計画とは何か
      17 地域生態計画の考え方
      18地域生態計画の検討結果

    ページTOPへ
    運営会社 | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表記 | お問合せ | ご利用ガイド   © 2010 合同出版 All rights reserved.
    • 合同出版
    •    合同フォレスト