• 検索ガイド>>

    • 合同出版について
    • 地図・連絡先
    • プロダクション・ライターの方へ
    • 合同出版からのお知らせ
    • イベント情報
    • LINK
    • 常備店・特約店
    • 企画募集・人材募集
    • 自費出版のご案内
    トップページ >書籍/教材キット >書籍
    原発避難計画の検証--このままでは、住民の安全は保障できない

    原発避難計画の検証--このままでは、住民の安全は保障できない



    商品コード: 9784772611770

    上岡直見 著
    サイズ:130mm×188mm
    発行日:2014.1.31
    ISBN:978-4-7726-1177-0
    ページ数:168ページ
    Cコード:C0036

    【以下のショップでもご購入できます。】
    amazon  e-hon  HonyaClub  セブンネットショッピング  楽天ブックス  JUNKUDOネットストア  紀伊国屋書店BOOKWEB  TSUTAYAオンライン  ビーケーワン  ブックサービス

    販売価格(税抜) 1,800 円

    個  数 :

    カゴに入れる

    本書紹介

    福島原発事故後の避難の実態をふまえ、
    交通工学的な観点から全原発を検証。その結果、
    住民の被ばくを避ける現実的な時間内で
    避難することは、全原発で不可能だとわかった!

    〈こんな状況で再稼働などできない!〉
    ◉事故の進展や地形・気象条件などに応じて、住民の被曝を最小限に
     するための最適な行動を指示するマニュアルができていない。
    ◉原発から30キロ圏内のうち6割超の市町村が、避難計画や具体的な
     避難先を固めていない。
     避難対象人数や面積が大きすぎて対応しきれないためである。
    ◉そもそも、原子力発電所の災害時に、住民が被爆せずにすばやく
     避難できる「避難計画」など、できていなかった。
    ◉こんな状況で、2013年6月、原子力規制委員会は新たな規制基準を発表。
     各電力会社は続々と再稼動を申請した。

    目次

    はじめに
    ◎第一部 避難計画の検証

    第一章 福島での避難実態
    第二章 防災計画と避難の考え方
    第三章 避難に関する問題点
    第四章 交通工学から避難を考える
    第五章 これから始まる「最悪」シナリオ

    ◎第二部 各原発の避難の分析
    柏/東通/女川/福島第一・第二/東海第二/柏崎刈羽/浜岡/志賀/敦賀・もんじゅ・美浜/大飯・高浜/島根/伊方/玄海/川内

    チェックリスト あなたの町の避難チェック

    あとがき

    作者紹介

    上岡直見(かみおか・なおみ)

    1953年東京都生まれ。環境経済研究所代表。技術士(化学部門)。1977年早稲田大学大学院修士課程修了。1977年~2000年化学プラントの設計・安全性評価に従事。2002年より法政大学非常勤講師(環境政策)。著書に、『交通のエコロジー』(学陽書房、1992年)『持続可能な交通へ─シナリオ・政策・運動』(緑風出版、2003 年)『脱・道路の時代』(コモンズ、2007年)『脱原発の市民戦略』(緑風出版、2012年)『原発も温暖化もない未来を創る』(共著・コモンズ、2012年)・『国土強靭化が日本を壊す』(緑風出版、2013年)等多数。
    著者サイト

    推薦します

    大島堅一(立命館大学教授/『原発のコスト―エネルギー転換への視点』著者)

    日本の原子力政策で抜け落ちていることに、使用済み核燃料と、住民の避難の問題がある。本書には、原発事故が起きた時、迅速な避難が不可能であることが、明確に示されている。

    ページTOPへ
    運営会社 | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表記 | お問合せ | ご利用ガイド   © 2010 合同出版 All rights reserved.
    • 合同出版
    •    合同フォレスト