• 検索ガイド>>

    • 合同出版について
    • 地図・連絡先
    • プロダクション・ライターの方へ
    • 合同出版からのお知らせ
    • イベント情報
    • LINK
    • 常備店・特約店
    • 企画募集・人材募集
    • 自費出版のご案内
    トップページ >書籍/教材キット >書籍
    パワハラにあったとき どうすればいいかわかる本

    パワハラにあったとき どうすればいいかわかる本



    商品コード: 978-4-7726-1222-7

    いじめ・メンタルヘルス労働者支援センター(IMC)+磯村 大(精神科医) 著
    サイズ:148mm×210mm
    発行日:2014.11.10
    ISBN:978-4-7726-1222-7
    ページ数:144ページ
    Cコード:C0036

    【以下のショップでもご購入できます。】
    amazon  e-hon  HonyaClub  セブンネットショッピング  楽天ブックス  JUNKUDOネットストア  紀伊国屋書店BOOKWEB  TSUTAYAオンライン  ビーケーワン  ブックサービス

    販売価格(税抜) 1,500 円

    個  数 :

    カゴに入れる

    本書紹介

    今、職場のいじめ、パワハラが増えています。

    2013 年度の労働局に寄せられた労働相談の内訳では、「いじめ・いやがらせ」が2年連続トップでした。
    本書は、職場のいじめ、パワハラを受けたとき、当事者や相談を受けた職場仲間、経営者、家族たちが、どのように対応していけばいいのかが、すぐに役立つように、マンガを使って、Q&Aでわかりやすく書いた本。

    目次

    PART1 パワハラってなに?

    PART2 なぜパワハラが起きるのか?

    PART3 パワハラが起きたら

    PART4 パワハラが引き起こす心と体の不調

    PART5 パワハラはこうして防ぐ

    作者紹介

    いじめ・メンタルヘルス労働者支援センター(IMC)

    著者サイト

    推薦します

    金子雅臣(一般社団法人 職場のハラスメント研究所所長)

    パワハラはなぜ起きるのか、どう対応すればいいのか、あなたのためのお助け本です。

    ページTOPへ
    運営会社 | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表記 | お問合せ | ご利用ガイド   © 2010 合同出版 All rights reserved.
    • 合同出版
    •    合同フォレスト