• 検索ガイド>>

    • 合同出版について
    • 地図・連絡先
    • プロダクション・ライターの方へ
    • 合同出版からのお知らせ
    • イベント情報
    • LINK
    • 常備店・特約店
    • 企画募集・人材募集
    • 自費出版のご案内
    トップページ >書籍/教材キット >書籍
    かんもくって何なの!?--しゃべれない日々を脱け出た私

    かんもくって何なの!?--しゃべれない日々を脱け出た私



    商品コード: 978-4-7726-1313-2

    モリナガアメ [著]/加藤哲文 [解説]
    サイズ:148mm×210mm
    発行日:2017.05.10
    ISBN:978-4-7726-1313-2
    ページ数:216ページ
    Cコード:C0037

    【以下のショップでもご購入できます。】
    amazon  e-hon  HonyaClub  セブンネットショッピング  JUNKUDOネットストア  紀伊国屋書店BOOKWEB  TSUTAYAオンライン  ビーケーワン  ブックサービス

    販売価格(税抜) 1,280 円

    個  数 :

    カゴに入れる

    本書紹介

    幼稚園に入ってから今までおこったことをコミックエッセイにしました。

    私にとって場面緘黙症になった事も辛かったですが、話せるようになっても引きずり続ける、話せなかった頃の悲しい経験や「自分は人と同じ事が出来ない」という後ろめたさから来る自信のなさ、話す事に対する恐怖心は、長い間自分に想像以上のダメージを与え続けていました。
    今回マンガを描き下ろすにあたって、痛々しい事も全部見つめ直して自分を認める作業は、凄まじい精神の消耗の後で、私に今までにない自信と前向きさを与えてくれました。

    目次

    はじめに……3
    登場人物紹介……8


    1 緘黙のはじまりーー幼稚園
    ネガティブな幼稚園時代……10
    ねじれたモリナガ家……22

    2 ひとりぼっちがふつうーー小学校
    授業中も休み時間も落ち着かない……38
    自信につながらない……43
    給食のトラウマ……46
    転校……49
    いじめられる方もわるい!?……55

    【解説1】 緘黙になるきっかけ……66

    3 友だちがいてもつらいーー中学校
    苦痛な英語の授業……68
    私の友だち……70
    みんなの言葉に耐えられない……72
    意外な特技……77

    4 克服? 後遺症? そして絶望ーー高校
    イメチェンからのめでたしめでたし……?……84
    自分がキライ……92
    【解説2】 学校でも家庭でも休まる場所がない時……101
    自虐と人間関係……102
    頭の中の「死ね」コーール……113
    【解説3】 緘黙の人の自己否定感……116

    5 仕事はきつい 趣味はサイコーーーー社会人
    うつになってもボロボロになって働く……118
    なんでこんなにつらいの?……124
    【解説4】 緘黙の人のコミュニケーション方法……132

    同人との出会い……133
    誰かに気づいてもらえた日……138
    実際の交流は……145
    世界を広げてくれた人……148
    あいかわらずの家族、念願の引っ越し……156

    【解説5】周りの人の受けとめ方……162

    6 ついに発覚!! ーー一人暮らし
    試行錯誤の毎日……164
    ついに発覚! 私は場面緘黙だった……173
    私なりの緘黙理解……182
    緘黙とのお付き合い……190
    おわりに……194

    作者紹介

    モリナガアメ(マンガ家)
    幼稚園入園を機に「話せない子」になる。
    その後克服するべく奮闘するが、家庭の問題や運の無さもあり、なかなか上手くいかず、つまずきまくりの人生を送る事に。
    19歳頃に自信をつけるため始めた同人活動にのめり込み、活動の中で出会った人達との交流をきっかけに少しずつ立ち直る。
    二十代後半になり、改めて自分や家族と向き合おうと色々調べていた所、偶然昔の自分が「場面緘黙症」だった事を知り衝撃を受ける。
    場面緘黙症を広めるため、WEBでコミックエッセイ「かんもく少女が同人BL漫画を描いて人生救われる話」を公開した所話題となり、本書を出版。
    現在は同人活動だけでなく、雑貨やアクセサリーーなどオリジナルの作品制作も行い、幅広く活動している。
    著者サイトは→こちらから


    加藤哲文(日本緘黙研究会会長)
    上越教育大学大学院、臨床・健康教育学系 教授。日本緘黙研究会会長。
    短期大学で保育士養成、社会福祉系大学で、主として障がい者福祉担当後、現在に至る。不登校、いじめ問題に対する学校担当者と保護者への支援、特別支援教育、重度行動障がい者の施設での処遇方法などを専門として講義や教員、指導員への指導を行ってきた。
    研究室HP→こちらから
    日本緘黙研究会→こちらから

    ページTOPへ
    運営会社 | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表記 | お問合せ | ご利用ガイド   © 2010 合同出版 All rights reserved.
    • 合同出版
    •    合同フォレスト